東大阪市で玄関の内側の壁にシミ。屋根瓦の点検・調査。


壁にシミ
東大阪市にお住まいの弊社のお客様よりご連絡頂きました。台風の時も被害に遭い、端の瓦が数枚落ちました。新しい瓦で差し替えて修繕しましたが、今度は玄関を入った所の壁に雨漏れらしきシミが出来たので見て欲しいという事でした。確かにモルタルの壁が白くシミの様になっていました。晴れていたので濡れていませんが、上から伝ってきているので雨の可能性が高いです。
天井にシミ
天井にもシミが広がっていました。雨漏れは壁ではなく天井裏に染みこんだ雨が天井の板に落ち、壁に流れて落ちてきたと思われます。実際に屋根に上がって点検したいと思います。
谷の板金
瓦自体も経年劣化で傷んでいますが、谷の部分のブリキに穴が開いていました。昔の屋根はただ単に両サイドに流れていく様に瓦を載せているだけでなく、家の形によって段差を付けたり折れ曲がったりと形が色々あり、それに合わせて棟を作ったり谷を作ったりしています。谷の部分にブリキの板をはめ込んで雨の通り道にしていました。ブリキも年数が経ち腐食して穴が開く事はよくある事です。
壁際
壁際も見ていきたいと思います。ココでは段差の付いた屋根になっていました。見える部分でそんなにズレている様には感じませんでした。
のし瓦
しかし覗き込んでみるとのし瓦がズレて隙間が開いていました。雨が吹き込むと雨漏れの可能性があります。こういう部分もしっかり修繕していきたいと思います。
屋根からの雨漏れや瓦のズレ、葺き替えのご相談は八尾店までご連絡下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........