今日は雨が降った日に屋根工事をストップさせる理由。


こんにちは!今日は一日中雨模様でした。
屋根工事は工程とずれることがあります。その理由としてあげられるのはです。

今日は雨が降ったので屋根工事を中止している現場が多くあると思います。
なぜ雨が降ったら工事が中止になるのか。
まず第一に挙げられるのが、危険だからです。あとは、屋根材をめくっていたらその下の野地板が濡れ、カビが発生する可能性があるからです。

今日は雨の日の工事を中止する理由を書きたいと思います!
職人が寸法を測っています
工事が中止になる理由として多いのが危険だからです。
雨がふると、足元が滑りやすくなります。
ましてやほとんどの屋根は傾斜があります。
雨の日に工事をし、屋根から滑り落ちてしまったら大事です。
足場組み
屋根工事をする際は、ほとんどの場合足場を設置します。
この足場を使って職人は屋根まで上り下りします。
雨が降るとこの足場も滑りやすくなりとても危険です。
瓦をめくっています
他には例えば瓦屋根で言うと、瓦をめくるとその下に大量の土があります。
雨の日に瓦撤去を行なうと、土がおもくなり作業がスムーズに行えません。
土が雨水を含み泥水になり樋が詰る原因になったり、家がかなり汚れてしまいます。
八尾市で瓦根解体撤去
汚れもそうですがすべてを撤去したあとの下地にも問題ができます。
どんな屋根も屋根材を撤去すると下地があります。
雨の日に工事をするとこの下地が雨にぬれてしまいます。
下地が濡れると、カビが発生する可能性があります!
それに、屋根を葺き替えた時に下地材がびちょびちょなんて嫌ですよね(>_<)
雨だからといって必ず工事を中止するわけではありません。
例えば、ルーフィング(防水シート)を施工していれば少しの雨なら作業する場合もあります。
工事ができる出来ないは、その時の状況次第なところもあります。


簡単に説明させて頂きましたが他にも気になる事や、疑問等あれば街の屋根やさん八尾店までご連絡ください!