オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

八尾市土葺の瓦から軽量のガルバリウム鋼板に葺き替え

瓦撤去後、野地板は構造用合板を使用。単に屋根材固定の役割だけでなく、瓦の重みに耐えたり家の捻じれにも強度を発揮します。その上からルーフィングと呼ばれる防水シートを施工。屋根の劣化で下地に浸透した雨水が、木材を腐食させない様に防水シートが守ってくれます。
ケラバや軒先に金物を打ち付けて、横からの雨侵入阻止します。
また軒先にはスターターと呼ばれる金物で、一枚目の屋根材を引っ掛けるように固定します。
棟部分は木材で下地を作ります。小口にはスポンジを施工。ちょっとした事ですが、わずかな隙間から雨が侵入しない様にするのと、吹き上げる風で飛ばされない様にする為の隙間隠しになります。
加工が必要な部分は、板金加工の職人が一枚一枚丁寧に切ったり曲げたりしながら貼り付けていきます。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-928-436