八尾市で波板工事をしました。


八尾市にお住まいの波板が台風で飛んでしまいました。
もともと劣化が激しく、強風で割れてしまいました。
今回は火災保険を利用して工事を行いました。

波板工事
波板張替前の写真です。
台風でほとんどの波板が飛ばされてしまいました。
台風で波板が飛んだ場合は火災保険の風災という保険にはいっていれば、保険金が下りる事があります。
波板撤去
波板工事はまず、既存の波板を撤去していきます。
波板はフックで上から固定されているので、フックを外していき波板を撤去します。
樋掃除
波板を撤去したら樋を掃除します。
この樋の部分は波板を撤去しないと清掃出来ない部分です。
数年のゴミがたまっているので思っている以上のゴミがあります。
この隙間にゴミやコケがたまる事で雨水の流れを遮り、樋としての機能を発揮できなくなります。
波板
掃除が終わったら端から順番に波板を施工していきます。
昔の波板は塩ビの素材の物が多く、劣化すると変色しパリパリになり年数が経つと割れてしまします。
今回はポリカ製の波板を施工しました。
波板を固定するフックもポリか製の物を使用しています。

街の屋根屋さんでは火災保険を利用されるお客様に対して御見積と一緒に、保険会社に提出用の現場写真も一緒にお渡ししています。

屋根のことなら街の屋根屋さん八尾店にお任せ下さい(^-^)!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風養生

八尾市にお住いのお客様の瓦が台風で飛んだり割れてしまいました。雨漏れ養生はお客様がご自身でされたそうです。今施工されている屋根は瓦でしたが屋根を軽くし、耐震性を良くしたいので葺き替えがご希望でした。今日は屋根の寸法を測り、予備の瓦があったの...........

テントが穴開いた

東大阪市で去年の台風で倉庫のテントが飛んでしまいました。今は開閉式のテントが施工されていましたが、開閉を普段全くしないそうなので、今回は開閉しないテントの張り直しでお見積りを作成することになりました。

足場

八尾市にお住いのお客様の屋根と外壁の塗装をすることになりました。今日は塗装をするために足場を組みました。足場を組むことで職人が安全に効率よく作業を行うことが出来ます。足場にメッシュシートを張ることでペンキの飛散を防ぐことが出来ます。