八尾市で波板工事をしました。


八尾市にお住まいの波板が台風で飛んでしまいました。
もともと劣化が激しく、強風で割れてしまいました。
今回は火災保険を利用して工事を行いました。

波板工事
波板張替前の写真です。
台風でほとんどの波板が飛ばされてしまいました。
台風で波板が飛んだ場合は火災保険の風災という保険にはいっていれば、保険金が下りる事があります。
波板撤去
波板工事はまず、既存の波板を撤去していきます。
波板はフックで上から固定されているので、フックを外していき波板を撤去します。
樋掃除
波板を撤去したら樋を掃除します。
この樋の部分は波板を撤去しないと清掃出来ない部分です。
数年のゴミがたまっているので思っている以上のゴミがあります。
この隙間にゴミやコケがたまる事で雨水の流れを遮り、樋としての機能を発揮できなくなります。
波板
掃除が終わったら端から順番に波板を施工していきます。
昔の波板は塩ビの素材の物が多く、劣化すると変色しパリパリになり年数が経つと割れてしまします。
今回はポリカ製の波板を施工しました。
波板を固定するフックもポリか製の物を使用しています。

街の屋根屋さんでは火災保険を利用されるお客様に対して御見積と一緒に、保険会社に提出用の現場写真も一緒にお渡ししています。

屋根のことなら街の屋根屋さん八尾店にお任せ下さい(^-^)!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風で瓦が飛んだ

八尾市にお住いのお客様から去年の台風で瓦が飛んでしまい、他の業者に連絡していたがなかなか来てもらえないので見に来てほしいとお問い合わせをいただきました。火災保険を使用しないので、最小限での修理がご希望でした。

ベランダの外壁が落ちた

松原市にお住いのお客さんのベランダの外壁が雨漏りが原因で崩れ落ちてしまいました。最終的に左官仕上げで工事をすることになったので今日は既存の外壁を撤去し下地工事を行いました。脚立と歩み板で作業を行いました。

ベランダに水がたまる

八尾市にお住いのお客様からベランダに雨水がたまっているのでどうにかしてほしいとお問い合わせをいただきました。現場に向かい状況を見てみると、ベランダの端にある排水口にごみが詰まっている状態でした。ごみを取ればきれいに水は流れました!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436