屋根工事コラム


ベランダの屋根

ここ数年八尾市でも台風被害や強風によっての被害が多く感じます。そういう時一番多いのが、波板が飛ばされた。波板が外れ掛かっている、というご相談です。波板が飛んだり外れたりする要因として、波板の劣化で割れたり、フックの劣化で固定されていないというのが考えられます。2018年台風通過後波板が市場から無くなりました...........

屋根瓦が浮いている

街の屋根やさん八尾店では、ご記入いただいたアンケートの情報を元に、屋根外壁の無料点検をさせて頂きます。気になる部分や雨漏れのご相談はお気軽にご連絡下さい。屋根葺き替えから内装工事まで八尾店が責任を持って対応させて頂きます。まずはご連絡下さい。

新型コロナウイルス八尾市

八尾市にある街の屋根やさん八尾店よりお知らせです。2020年3月6日八尾市における新型コロナウイルス感染症について、八尾店が八尾市で活動している介護保険連絡協議会から、注意喚起の要請がございましたのでお伝えさせて頂きます。※現在住宅リフォームにおける水廻り商材の発注受付不可メーカーが多いですが、屋根材・サッ...........

土葺き屋根

大阪府八尾市にある街の屋根やさん八尾店です。新築のお家はほぼカラーべストや土を使わない乾式の屋根になっています。しかし土葺の屋根はまだまだたくさんあります。地震や台風で屋根が飛ばされたり、家が揺れたりは土葺の瓦屋根がほとんどです。その為屋根を軽くしたいというご相談が増えました。そんな時に参考になればと思いま...........

現場調査戸建て住宅

街の屋根やさん八尾店、屋根工事のご依頼から現場調査時の流れをお伝えします。八尾市で屋根を検索してお電話するのは本当に勇気のいる事です。だからこそ元気のよい挨拶から始めます。まずはお客さんのお困りごとをお伝えください。担当者より折り返しのご連絡をさせて頂き、1週間以内の日程で訪問日を調整させて頂きます。

瓦屋根

カバーロックといって瓦と瓦をシリコンで固定する方法があります。大地震の震災の時に流行った施工で、瓦は屋根の上に乗っかているだけで特に固定されていないので地震の際にずれ落ちなお様にと考えられた施工です。

竪樋

強風で軒樋が外れた。樋が割れて落ちてきた。強風の日は特に相談が多いような気がします。樋の固定金物も改善されて外れにくくなってきましたが、未だに落下が無くならないのには理由があります。それは結束線と呼ばれる鋼線で樋をくくり付けて固定している事が原因です。

塗装前

今回は、外壁塗装の鉄則3回塗り基本「下塗り」『中塗り」『上塗り」どれも塗装後の美観や耐久性を 左右する重要な工程です。それぞれの工程の役割と必要性の説明をしたいと思います。

雨どい

屋根や外装と同じく紫外線や雨風にさらされている雨どいやベランダなどの付帯部分。経年劣化による塗装の剥がれや詰まり又はベランダの塗料やトップコートの剥がれが原因で防水効果が切れて雨漏れにつながるケースもありますので症状に注意して早めにメンテナンスをして下さい。

シーリング

シーリング材とは?シーリング材は、構造物の防水性や気密性を保持する為に、継ぎ目や隙間に充填する、合成樹脂または合成ゴム製のペースト状の材料でコーキング材とも言われます。シーリングが劣化すると雨水が壁の中に染み込み、壁の劣化を早める可能性があります。高耐久塗料とシーリング材は、セットで考えた方が良いでしょう。...........

ALC チョーキング

外壁の資材はたくさんの種類があります。素材や性質によって症状が違います。金属のサイディングボードは表面材にサビが発生した時、窯業系サイディングボードは目地のシーリングのひび割れや痩せて空間が空いたりした時など建物の構造に大きなダメージを与えることにつながります。

セラマウント施工

屋根を葺き替えて屋根を軽くしたい!屋根を軽くして家の負担を減らしたい!と耐震面を考え屋根葺き替えをご希望される方が多くいらっしゃいます。屋根といっても種類が多く、どれにしたらいいか悩まれてる方が多いと思うので今日は代表的な屋根材をご紹介いたします。

建物の部位名である破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)。開いた本を反対にしたような形をしている屋根の側面(小口)が鼻隠し、正面からみえる天やはなぎれが破風。

今回の主題だった「破風と鼻隠しの違い」まとめると・・・基本的に ≪ 雨風を防ぎ耐風性を高めている ≫ 点は共通異なる点は取付場所。破風は正面、鼻隠しは側面。それと鼻隠しは雨樋の下地の役目も果たしている。シンプルにお話するとこんな感じです。快適に住むうえで欠かせないパーツですので何か不安な点や気になることがあ...........

八尾市 瓦割れた 台風

屋根工事を検討する際に葺き替えとカバー工法とい名前を聞くことが多いと思います。今日のコラムでは葺き替えとカバー工法の工事方法の違いを簡単に説明したいと思います。本当に簡単に言うと屋根の上に屋根を作るか、今ある屋根をとり新しく屋根を作るかです。

カラーベスト

新築でよく使用されている屋根材はカラーベスト(コロニアル)という平らなものが多いです。この屋根はヒビが入ってしまうことがあります。今回のコラムではなぜヒビが入ってしまうのかを簡単に説明したいと思います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436