八尾市で棟の鉄筋が取れたので棟を積みなおし


八尾市にお住いのお客様の棟瓦を積みなおしすることになりました。

棟の鉄筋が取れた
棟の上についている鉄筋が劣化で屋根の上に落ちていました。
これを修理する場合は棟を積み替える必要があります。
また同じように鉄筋で固定してしまうと鉄筋の錆が瓦にうつってしまうのと、今回のように鉄筋が屋根の上に転がり落ちてしまうので次は鉄筋変わりにワイヤーで固定します。
瓦割れ
瓦の耐久年数は50年亜から100年といわれていて、衝撃には弱いですがかなり丈夫な屋根です。
なので基本的には棟の積みなおしは既存の瓦を再利用して行います。
今回は棟の瓦が二枚割れていたので割れた瓦は新しい瓦で工事します。
棟積み替え
棟の積みなおしはまず既存の瓦を撤去します。
瓦の下には漆喰や土があります。
漆喰と土は新しいものを使用するのでそれらも撤去します。
棟の工事
撤去が完了したら漆喰を詰めていきます。
その上に瓦を並べていきます。
この時に棟の瓦を固定するためのワイヤーを仕込んでおきます。
屋根工事完了
瓦をすべて積みなおし、漆喰もきれいにならしたら工事完了です。
先ほど仕込んでおいたワイヤーで瓦をしっかりと固定しています。
棟を積みなおした
鬼かwらと棟の間にある漆喰も塗り、割れた瓦も新しくしています。
雨漏れを心配されていましたが、工事が完了しホットされていました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風養生

八尾市にお住いのお客様の瓦が台風で飛んだり割れてしまいました。雨漏れ養生はお客様がご自身でされたそうです。今施工されている屋根は瓦でしたが屋根を軽くし、耐震性を良くしたいので葺き替えがご希望でした。今日は屋根の寸法を測り、予備の瓦があったの...........

テントが穴開いた

東大阪市で去年の台風で倉庫のテントが飛んでしまいました。今は開閉式のテントが施工されていましたが、開閉を普段全くしないそうなので、今回は開閉しないテントの張り直しでお見積りを作成することになりました。

足場

八尾市にお住いのお客様の屋根と外壁の塗装をすることになりました。今日は塗装をするために足場を組みました。足場を組むことで職人が安全に効率よく作業を行うことが出来ます。足場にメッシュシートを張ることでペンキの飛散を防ぐことが出来ます。