ラバーロックをしないほうがいい理由


カバーロックといって瓦と瓦をシリコンで固定する方法があります。
大地震の震災の時に流行った施工で、瓦は屋根の上に乗っかているだけで特に固定されていないので地震の際にずれ落ちなお様にと考えられた施工です。
しかしこれをしてしまうと雨漏りにつながる危険性があります。
瓦屋根
瓦屋根の写真です。
本来どのような屋根のも屋根材と屋根材の間には隙間があります。
瓦の隙間に入った雨水が瓦と瓦の隙間から出ていくように作られているからです。
カバーロック
しかしカバーロックで瓦の隙間をすべて埋めてしまうと、入り込んだ雨水の逃げ場がなくなり、室内にぽたぽた雨漏りしてきます。
瓦の端の法を少し固定するがけならまだましですが、写真のように瓦の司四方を囲ってしまうと雨漏りの危険がかなり増します。
棟瓦をシリコンで固定
瓦の修理をする際にシリコンで固定することはよくありますが、写真のように下のほうまで隙間を埋めるようにびっしりとシリコンを詰めてしまうと、これも雨水の逃げ道がなくなります。
このシリコンを修理しようと思うと棟の積みなおしという大きな工事になります。
959a9961c032bd2dc162e2027397a2fa-1-columns2-overlay
瓦屋根だけではなく、カラーベストのような塗装を行う屋根材も同等です。
この写真も隙間をすべてシリコンでふさがれています。
最初のころは雨水が侵入しなくても、時間がたちどこががずれたりして雨水が侵入すると確実に雨漏りしてしまいます。
八尾市 タスペーサー 縁切り
カラーベストなど塗装を必要とする屋根は、塗料で屋根材の隙間がふさがらないようにタスペーサーとい部材を使い屋根に隙間を作ります。
これも屋根に侵入した雨を外に逃がすためにです。

屋根は雨を直接うける部分になるので変に雨水の流れを止めてしまうと、雨水が逆流したり変な隙間に入ってしまうこともあります。
屋根は目に見えにくい部分なので、数年に一度は下からでもいいので屋根を見てあげましょう。
もし、屋根に不安がある場合はお気楽に街の屋根やさん八尾店にご連絡ください(*^-^*)
お見積り・現場調査は無料で行っております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436