今回は、シーリング材の役割について説明をしたいと思います。


シーリング材とは?シーリング材は、構造物の防水性や気密性を保持する為に、継ぎ目や隙間に充填する、合成樹脂または合成ゴム製のペースト状の材料でコーキング材とも言われます。シーリングが劣化すると雨水が壁の中に染み込み、壁の劣化を早める可能性があります。高耐久塗料とシーリング材は、セットで考えた方が良いでしょう。
シーリング
サイヂィングの間のシーリング材が剥がれ防水の役割をはたしてません。
これから、シーリングの劣化進行度を紹介したいと思います。

一番きれいな状態のシール
シーリングの劣化進行度を紹介します。

この状態が一番良いじょうたいです。
サイディングは、つなぎ目にシーリング材を使用している
場合が多く10年も経つと劣化しシーリングがヒビ割れて
きます。劣化の目安は、隙間がでてきたり、押えてみて
弾力の無い状態であるとき。使用環境によって異なりますが、10年程で改修を行う必要性があると思います。

軽度
劣化の度合い 軽度

劣化の進行度が最も軽い状態。触れると弾力が無くて
硬くなってます。

重度
劣化の度合い 重度

シーリングが剥がれると劣化も重度な状態です。
隙間から雨水が建物内に入りこみます。
最終
劣化の度合い  最終

完全な剥離劣化の最終段階です。
劣化の最終段階まで進むと完全にシーリング材が無くなって
しまいます。早急に修理が必要です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436