カラーベスト(コロニアル)などスレート屋根はなぜ割れるのか


新築でよく使用されている屋根材はカラーベスト(コロニアル)という平らなものが多いです。
この屋根材は数年たつとヒビが入ってしまうことがあります。
今回のコラムではなぜヒビが入ってしまうのかを簡単に説明したいと思います。
カラーベスト
この写真はカラーベストを施工してすぐの写真です。
屋根の劣化原因は
・夏場の雨や高温下での乾燥の繰り返し
・冬場の湿気や雨の水分の凍結、融解の繰り返し
等があげられます。
夏場の屋根は70度近くなります。
屋根が割れていた
ではなぜ割れてしまうのかというと、屋根材が空気中や雨水の水分を含み、冬場にその水分が凍結するからです。
凍結すると体積が膨張します。
これが数年間繰り返されるとだんだん屋根材がたえきれなくなり写真の様に亀裂が入ってしまいます。
ルーフィングで雨漏れを防いでいる
屋根材の下にはルーフィングといって防水シートが施工されています。
これがしっかりと施工されている限り雨漏りはしません。
屋根材の割れを放置しルーフィングに雨が当たり続けるとルーフィングの劣化を進めてしまいます。
ルーフィングが劣化してしまうと雨漏りします。
コロニアル差替え
なので割れてしまった場合は割れたヶ所の差替えを行ないます。
差替え以外にもシール工事と言ってもっと簡易な工事もあります。シール工事はイメージでいうと撥水威勢のあるボンドで屋根をくっつける。に近いです。
どちらかというと応急処置に近いです。
なので差替えをおすすめ致します。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436