オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨が近づいてきました雨漏りしたら街の屋根やさん八尾店まで


八尾市もそろそろ梅雨が近づいてきましたね。梅雨の時期に入ると雨漏りのご相談が増えます。雨漏りは屋根からするイメージですが、実際は外壁からだったりベランダからだったり様々です。そしてだいたの雨漏り修理は雨の日は工事ができないのでお早目のご相談ください。
梅雨明けは雨漏り工事が増えるので、順番待ちになる可能性もあるので早めの点検をおすすめいたします。
天井に雨漏りの跡
雨漏りが二階の天井からする場合は屋根が怪しいです。しかし、雨漏りは1階の天井でなる時もあります。
その場合は屋根ではなく他の場所から雨が侵入しています。

この写真は1階の天井です。
奥は床の間になっていて、部屋の端ではなく少し内側で雨漏りしています。

2階ベランダ
原因はベランダでした。
築30年ほどで一度もベランダの防水工事をしたことがないそうです。
ベランダには無数のひび割れがありました。
この場合はベランダの防水工事をする必要があります。
窓枠から雨漏り
他には窓付近からの雨漏りです。
窓付近から雨漏りする場合は、外壁のひび割れか窓周りに打たれているシールの劣化が考えられます。
雨漏りしている近くにひび割れがない場合はシールの劣化が濃厚です。
シール打替え後の写真
外壁がサイディングボードの場合は窓周りにシールが打たれています。シールの上に塗装されている場合はぱっと見ではシールが打たれていることが分かりませんが触ってみるとブニブニしています。
シールの劣化が原因の場合はシールの打ち替えをしたら雨漏りは止まります。
谷部分の瓦
屋根からの雨漏りで瓦が割れたりずれたりしていないのに雨が漏れる時があります。
その場合は谷板金から雨漏りしていることが多いです。
屋根の形によっては写真のように瓦と瓦の間に樋の代わりに銅板が施工されています。
谷の板金
銅板は経年劣化で錆びてしまい穴が空いてしまいます。
穴が空くともちろん雨漏れしてしまいます。
銅板に穴が空いてしまった場合は、付近の瓦をめくり銅板を取り替えます。
最近では銅板の代わりに劣化しにくいガルバリウム鋼板を使用します。
雨漏りは屋根以外にもいろんなところから発生します。
部屋に押入れや点検口がある場合はそこから天井裏を覗き雨漏りの場所を特定します。

梅雨が始まる前に屋根の点検を!!
雨漏りの事なら街の屋根やさん八尾店にお任せください。
お見積り・現場調査は無料で行っております!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436