雨漏りは思っている以上に怖いんです。今回は瓦編です。


雨漏りはどうして起こるのでしょうか。「屋根に穴が空いているから」と単純に考えるとそうなのですが、実際のところ雨漏りが発生し室内のどこかがぬれていたら大変な事です。室内で雨漏りが見つかるということは、屋根から部屋までの経路がぬれているということ。つまり、経路が腐る可能性があるんです(/ロ゜)/


雨漏りの原因で最も多いものはやはり建物(屋根)の老朽化です。
雨漏りは屋根からのイメージが多いですが、壁からや、窓の隙間からくる可能性があります。
今回はその中でも瓦屋根が原因でおこった雨漏りについてです。
屋根瓦の表面が凍害で剥がれています
基本的に瓦の下にはご防水シートがあります。
瓦で雨水を下に流し、激しい雨などで流しきれなかった雨水が中に侵入しないようにする役割を果たしているのが防水シートです。
老朽化で瓦がずれたり、割れたり、漆喰がとれていたり・・・・・・。
そうなってしまうと下にある防水シートも直接ダメージを受けるので防水シートまで劣化します。
そうなると、防水シートの下にある野地板まで雨水がいってしまい、それを伝って室内がぬれていき、放置し続けると柱とかが腐ってしまいます!

天井から雨漏れ
雨漏りして天井の木が腐っています。

雨漏りは早く直さないと家の耐久性も弱くなってしまいます
柱が雨水でしにゃしにゃになっていると考えたら怖いですね\(゜ロ\)
まだ怖いことが起こります。木が腐るだけじゃなくて塗れた木白アリが寄ってくることもよくあります
白アリが家の木を食べていると考えるだけで恐ろしいですよね。。。

屋根に不安があったり、今すでに雨漏りしているならプロにお任せください!!!
お客様に安心を届けるために全力を尽くします!!
なにかあれば街の屋根やさん八尾店までご連絡ください(^^)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436