先日施工させていただいたモニエル瓦?の塗り替え


79f1b90219c71b8c54fccd5b87b9279a-columns1-overlay
こんにちは、先日モニエル瓦の塗り替え工事が完了しました。そんな記事を見て、私自身モニエル瓦?となったんで説明します。モニエル瓦はカラーベストやスレート瓦と同じセメント系の瓦なのですが、セメント瓦の上に着色スラリーというセメントの着色剤が厚く塗られており、さらに表面はアクリル樹脂系のクリアー塗装でコーティングされています。施工性も良く防水性に優れた屋根材です。そんな屋根材も劣化してくると表面の塗膜がはがれセメントがむき出しになって、雨水を吸い込みやすくなります。その為他のセメント系瓦と同様に塗り替えが必要になってきます。
bb41fab13ef2d0a3e2ba91faa4e12efb-columns2-overlay
スラリー剤でコーティングされた屋根材なので、変に残った状態で塗装すると劣化したスラリー剤の層と一緒に塗装が剥がれる原因になりかねません。それでは塗り替えの意味がないので、しっかり高圧洗浄でスラリー層を除去してから塗装していきます。
e745c87d117e475e15b3841b0763228a-columns2-overlay
塗装工事の工程は洗浄→下塗り(プライマー)→中塗り→上塗り(2回)で仕上がります。下塗りは瓦と塗料くっつきやすくする接着剤みたいなものです。中塗りは下地の色を抑え上塗りの色を際立たせる重要な作業です。明るい色は下地の色で暗くなったり明るくなったりします。上塗りは好みの色というだけでなく、遮熱性や耐水性・耐熱性など塗料によって違うので、用途に合った塗料を選びましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436