オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

八尾市でといから雨が落ちてくるので雨樋修理をしました

軒樋コーナー
軒樋コーナー部分です。内側にヒビが入っていました。樋の素材は一昔前なら銅板が多かったように感じます。今でも大きいなお家に見られますが、特殊な板金工事で施工の手間や材料代で高額になる為、今では安価な塩ビ系合成樹脂が主流になっています。ただし温度変化や紫外線による劣化で割れてしまします。
今回の樋は塩ビ製でした。樋にひび割れができることで雨が降るとといから雨が零れ落ち騒音の原因になったり、外壁をが傷みやすくなってしまいます。
樋撤去
では修理方法です。お家の造りにもよるのですが、軒樋は屋根の下で受け止めるので建物から離れた所にあります。
勾配の付いた屋根の上から体は乗り出せないので、今回は屋根に梯子が掛けて下からの作業になりました。場合によっては足場を組んでの作業になります。
今回は部部取替なので、亀裂の入っている部分を撤去します。
撤去したら新しい雨樋の部品を施工します。
樋はノリでくっつけます。
写真ではわかりにくいですが、取り替えたところは少し色が変わってしまいます。
ゴミ詰まり
雨漏れの原因がもう一つありまた。じょうごと呼ばれる集水器です。軒樋を伝った雨水がココに集まって竪樋に流れていきますが、ここにゴミと埃が詰まっていました。
雨水は流れずすぐ横のひび割れからほとんど落ちていったと思われます。稀にボールがはまったり、苔が生えていたりします。高い位置で簡単に確認できませんが、こちらも気になる方はご相談下さい。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-928-436