オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

八尾市内台風21号の被害、街の屋根やさん八尾店屋根養生

こちらの洋瓦は比較的勾配が緩やかに施工されています。こちらも棟の瓦が吹き飛ばされていました。この瓦は下地の木材に釘で打ち込んでいました。雨で錆びたくぎがやせ細って、抜けやすくなっていたと思います。
元々カバー工法(既存の屋根の上に、覆う様に屋根を作る工法)で屋根を修繕していました。雨漏れはしにくい構造でしたが、シートで覆って残っていた棟瓦をネジで固定。一旦応急処置をさせて頂きました。
こちらはスレート瓦と呼ばれる屋根材で、比較的重量の軽い商品です。残念ながら表面に苔が見えます。長い間メンテナンスされていなかったようです。スレート瓦は表面の塗膜が劣化すると、水を弾かずに瓦自体が水を吸ってしまい、割れやすくなったり・苔が生える原因になります。また滑りやすくなる為屋根の上に上れず、足場がないと作業出来ない場合もあります。スレート瓦は定期的な塗り替えで長持ちする商品です。
施工的にはルーフィングと呼ばれる防水シートを貼っての施工なので、スレート瓦が吹き飛んでも雨漏れしにくいのですが、ルーフィングに穴が開いていた為、シートで雨養生してきました。何度もお願いするようですが、我々が訪問して養生が出来たとしても1日に数か所です。手分けして対応していますが、まだまだたくさんの方にご迷惑をおかけしている事は重々承知しています。ご連絡頂いた皆様、もうしばらくお待ち下さい。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-928-436