瓦屋根で雨漏れが起こる原因。瓦の寿命は長いのにどうして雨漏れするのか。


こんにちは!
今回は瓦屋根から起こる雨漏れの原因についてお話します。

瓦の寿命とても長いです。長いもので100年以上もっている瓦もあるぐらいです!!
しかし、そんな瓦屋根でも雨漏りが発生する可能性は十分にあります。
それはなぜなのか!?

八尾市 漆喰の劣化
まず1つめ。
漆喰の劣化です。
漆喰は、瓦の間に見えている白い部分です。
漆喰は10年から15年程度でメンテナンスをおすすめします。
漆喰の劣化は目で見て分かり易い場合が多いです。
漆喰がかけている、亀裂が入っている、漆喰の上にある棟瓦がずれている、変色している等があります。

八尾市 漆喰が原因で雨漏れ
こちらの写真は漆喰が劣化し、ボロボロになっています。
この漆喰の劣化が原因で雨漏れが発生します。
亀裂が走ったらそこから雨っ水が侵入する可能性があります。

漆喰工事は劣化比較的軽い場合、劣化した部分を取り除き漆喰の詰め直しができます。
瓦が割れてしまっている場合はその部分のみ瓦の部分交換をします。


八尾市 棟瓦が割れる
雨漏れの原因2つめは
瓦のずれや、割れたりすることです。
瓦の寿命は長いんじゃないの!?と思った方が多いと思います。
瓦の素材は土器と同じで、衝撃には弱く割れやすい欠点があります。
先ほどの漆喰とつながるのですが、漆喰の劣化が原因で瓦がずれてかけたり、割れたりすることがあります。
八尾市 瓦撤去
瓦の施工は意外と簡単なんです。
割れたヶ所だけを差し替えることも可能です。
瓦の施工方法は接着剤となる土や瓦桟木にひっかっけて、釘で留められています。
なので、台風が来たり、物が飛んできたら瓦が割れたり、ずれたりして雨漏れにつながることがります。
八尾けらば棟くぎ抜け
雨漏れの原因3つめは、釘が浮いてしまうです。
屋根の釘が浮いてしまう原因として、経年劣化や屋根の膨張があります。
10年ほどメンテナンスしていない住宅は釘が浮いてしまっっていることが多いです。

屋根材は、夏になると高温になり屋根が膨張してしまい、膨張した分だけ釘が浮いてしまうといったことが起きます。

釘が浮くと瓦のずれや、釘穴から雨水が侵入する可能性があります。



八尾市 瓦補修
雨漏れの原因4つめは、間違えた補修です。
たまに穴の開いた板金や瓦をコーキングで補修している時があります。
コーキング自体が悪いのではないのですが、コーキング自体は修理ではなく、応急処置と思ってください。

コーキングの仕方によっては、隙間を埋めすぎてしまい雨水が行き場を失い、変なところから雨水が侵入し雨漏れにつながる時があるからです。
この他にも、瓦の下にある防水紙の劣化が原因になることもあります。
瓦屋根と一言で言っても、瓦以外の材料を使用しているのでそれらの劣化が原因で雨漏れしてしまう可能性があります。
瓦の寿命が長いからと放置するのではなく、数年に一度は目で見て様子を確かめて下さい。
早めに劣化が見つかれば、工事費が安くつくこともあります。
これぐらいなら大丈夫!自分で直そう!と思い自分で修理すると、瓦を割ってしまったり、なにより高所作業になるので危険です。

点検だけでもしたい!という方でもご遠慮なく街の屋根やさん八尾店までご連絡ください(^○^)!

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で2階テラスのポリカーボネート板が飛んだので保険利用で取替

ポリカーボネート
ヴェクターR型
工事内容
その他の工事
使用素材
YKKヴェクターR型 2間x5尺 
築年数
20年
建坪
18坪
保証
工事費用
約30万
施工事例

八尾市で瓦屋根から横暖ルーフに葺き替え工事をしました。

瓦屋根の棟が崩れた
横暖ルーフ施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年ほど
建坪
約33坪
保証
穴あき25年
工事費用
170万
施工事例

八尾市のスレート屋根工場で雨漏れの修理をカバー工事しました

工事前のスレート屋根
ガルバリウム鋼板工事後
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板(津熊鋼建)
築年数
30年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
150万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

庇工事

八尾市で雨漏りが原因でモルタルの外壁がゴソッと落ちてしまいました。モルタルはセメントの様な材質の外壁の事です。前回までに解体・下地工事が完了しています。今日は仕上げの作業に入ります。今回はモルタルではなく板金で仕上げました。

波板が飛来

八尾市の東側信貴山中腹に建っている2階建ての戸建て住宅。東側は山の斜面で風が遮られていた為、大きな被害にはなっていませんでした。西側は下から吹き上げてきた風によって波板を押し上げ、南寄りの波板が吹き飛ばされました。若干お家も歪みがあったのか...........

2018_09_25_11_45_55_620_9-1

八尾市の住宅の3Fベランダのテラス屋根が見えます。台風21号の被害のご依頼があったお客様の家は、隣の家との間が狭く裏の家とも隣接しています。ポリカーボネート板の修理依頼ですが、3Fで高所作業になり、テラス屋根の上からの工事が難しい場所です。