八尾市にお住いのお客様が屋根工事をしようと思ったきっかっけ。


こんにちは。
八尾市にお住いのお客様が屋根を工事しようと思った時のきっかけを今日はご紹介させて頂きます。
屋根は普段からはあまり気に留めない部分ですが、放置しすぎると工事費がかさむこともあります。
皆さんはどのような理由で工事をしているのでしょう。
八尾市一部屋根葺き替え工事
1つめの理由はやはり、経年劣化で見た目が汚い。です。
写真の様にボロボロになり、瓦がかけたりはげたりしています。

雨漏れまではいっていないが、
・内装リフォームと一緒にやってしまう。
・新築の様なきれいな屋根にしたい。
・近隣のお宅が屋根工事をしだしたから、自分の家も心配になってきた。

等の理由がありました。



瓦をめくっています
他には、耐震性です。
地震で崩れていく家を見て、うちも瓦屋根だけど大丈夫かな?と心配されるお客様は多いです。

瓦だからといって耐震性が劣るわけではないのですが、やはり重量が軽いほうが耐震性に優れます。
昔に作られた家の耐震基準が低く、瓦を支える柱が弱いので、そういった家では瓦は重すぎるので耐震性が低くなります。

8eba53aa55c0a5070e6b54f24212a960-1-columns2-overlay
とにかく早くどうにかして欲しい!
というお客様の家は雨漏れしている事が多いです。

雨漏れしている原因は様々ですが、雨漏れしているという事は雨水が家の中の柱をつたって表に出てきている。と言う事なので放置していると危険です。
見えない部分がだんだん腐食してしまいます。
それこそ家が崩れていく原因です。


八尾市で二階の波板が飛んだ
それ以外では、台風の影響
・波板が飛んでしまった。
・笠木が飛んでしまった。

等でお電話を頂くことがあります。

台風が原因で何かが起きた時は火災保険が使える時があります。
今どんな内容の火災保険に入っているのか一度見直しをしてみて下さい!
屋根工事をするきっかけはお客様によってそれぞれですが、やはり多いのは
・耐震工事として行う。
・雨漏れがしている。
・屋根が汚くて気になる

といったお声をよく耳にします。

築年数や、立地条件、今使用している屋根材によって症状は様々です。
一度点検だけでもしてほしい!でも構いません!
なにか気になることがあれば、街の屋根やさん八尾店までご連絡ください(^○^)!

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で2階テラスのポリカーボネート板が飛んだので保険利用で取替

ポリカーボネート
ヴェクターR型
工事内容
その他の工事
使用素材
YKKヴェクターR型 2間x5尺 
築年数
20年
建坪
18坪
保証
工事費用
約30万
施工事例

八尾市で瓦屋根から横暖ルーフに葺き替え工事をしました。

瓦屋根の棟が崩れた
横暖ルーフ施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年ほど
建坪
約33坪
保証
穴あき25年
工事費用
170万
施工事例

八尾市のスレート屋根工場で雨漏れの修理をカバー工事しました

工事前のスレート屋根
ガルバリウム鋼板工事後
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板(津熊鋼建)
築年数
30年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
150万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

庇工事

八尾市で雨漏りが原因でモルタルの外壁がゴソッと落ちてしまいました。モルタルはセメントの様な材質の外壁の事です。前回までに解体・下地工事が完了しています。今日は仕上げの作業に入ります。今回はモルタルではなく板金で仕上げました。

波板が飛来

八尾市の東側信貴山中腹に建っている2階建ての戸建て住宅。東側は山の斜面で風が遮られていた為、大きな被害にはなっていませんでした。西側は下から吹き上げてきた風によって波板を押し上げ、南寄りの波板が吹き飛ばされました。若干お家も歪みがあったのか...........

2018_09_25_11_45_55_620_9-1

八尾市の住宅の3Fベランダのテラス屋根が見えます。台風21号の被害のご依頼があったお客様の家は、隣の家との間が狭く裏の家とも隣接しています。ポリカーボネート板の修理依頼ですが、3Fで高所作業になり、テラス屋根の上からの工事が難しい場所です。