八尾市の戸建て住宅ベランダの波板が全て飛んでいった現場調査。


波板が飛んだ
八尾市を昨年九月に大型の台風21号が通過しました。すぐに修理出来た方もあれば混雑を避けて待っている方も居られます。こちらは2階のベランダにあまり洗濯物を干していない事と、全ての波板が飛んで行った為バタバタ音鳴りする事も無かったので、何かのタイミングで依頼しようと思っていたみたいです。
波板が飛来
波板は南面の風を受けやすい位置に設置されていました。幸いにも敷地内に波板が落ちていた為、近隣の方にご迷惑を掛ける事がありませんでした。
波板フレーム
飛ばされた波板は長さ5尺(約1,500mm)で、4.2Mの幅に対して波板一枚を約60cmで計算すると7枚必要になります。強風によってアルミのフレームが飛ばされたお家もありますが、こちらでは柱も壁際もしっかり固定されていました。
竪樋
波板の樋部分ですが、外れて横を向いていました。以前から外れていたのかもしれません。本来左のフレームが樋の役割なので繋がっていないと樋の役割が果たせず、雨が下に落ちていきます。
樋
アルミの樋の流れは開口があって、下に流れた雨は先ほどの樋を伝って雨水マスに流れていきます。かなり小さな穴が開いている為、埃や苔が流れてくると詰まって下に雨が流れず、溢れる事もよくあります。
テラスの雨はアルミの細い部分を通って流れていくので、おかしいなと思ったら掃除が必要です。しかしベランダからはね出した部分で、波板の下に隠れている事からほとんど掃除出来ません。
その為波板を張り替えるタイミングで掃除をしています。今回のお客様には波板張替と樋取付(左右に二か所)のご提案をさせて頂きました。

屋根やテラスでお困りの方は、八尾店までご連絡下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で屋根修繕工事。棟瓦取り直し工事。

瓦の落下
棟瓦修繕
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
45年
建坪
18坪
保証
1年
工事費用
約25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れでクロスめくれ

八尾市にお住いのお客様のトイレのクロスが雨漏りが原因でめくれてしまいました。少しの雨だと雨漏りしないそうですが、多く降った日が雨がポタポタ落ちてくるそうです。

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

2階建て

八尾市で2階建て木造住宅のモルタルが落下しました。空き家の状態で何年も放置されていますが、近隣の方の連絡でモルタルが落下している事に気づきご連絡頂きました。人通りは少ない場所ですが、抜け道として通られる方がいます。万が一知らない間に落下物で...........