平野区で破風の修理依頼があり調査とご提案をしてきました


そもそも「破風」とはなんだ?という部分からお話を。
「破風(はふ)」とは屋根を構成するパーツのひとつで、建築用語として用いられます。「風を破る板」という名の通り屋根裏や屋根瓦へ風の侵入を防ぐ役割を担っています。同じく雨風を凌ぐ役割を持つ屋根は上から吹く雨風には強いですが横や下からの風には弱い為、破風板を加えることで屋根だけでは不十分な部分を補っています。また防火の役割もあります。住宅火災は下から上に延焼し、驚くスピードで窓から上がった火が軒に達します。屋根裏は防火加工がされていないことが多く、破風板が無いと一気に延焼してしまいます。
平野区の破風板修理・工事部分
今回の住宅では黄色の部分が破風板になります。
こちらのお宅は耐久性や耐火性を高める金属板金で既存の破風板を覆い包む方法で施工されていましたが、この部分の板金が捲れているので修理希望のご依頼をいただきました。
平野区在住の修理依頼部分の破風板
現場に伺った際、板金はこのように捲れておりご依頼者のご希望通り「板金部分の修理」は可能でした。しかし2.3ヶ月経過した後だと捲れて部分から破風板に雨水が染み込み、板金だけではなく破風板にも手を加える必要がある場合もありますので、可能であればお早めにご相談ください。
平野区在住でご依頼いただいた破風板部分の板金修理
板金のみの修理ですが簡単ではない3階建て。といいますのも修理する部分に手が届かないと工事ができないので地上から該当箇所までの高さが必要になります。しかし3階建てとなると高さもあり足元も不安定で足場を立てる現場もあります。
ご依頼いただいた平野区住宅で破風板の板金部分を調査している様子
こちらは地上から修理箇所までの高さを確認しますが、高さがある分ふらつきも大きく脚立の足も不安定になりますので支える人が必要不可欠です。今回は現場(ご自宅)に伺って現状をみせていただく現場調査だけ工事経過はお伝えできませんでしたが、この記事をきっかけに「お家の修理」のご相談を頂ければお伺いしますのでお気軽にお問合せください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

D3A85096-73DC-4AEC-A9D7-690F933E5B59

皆さまおはようございます。今回のご依頼はスレート屋根の破風(ハフ)が台風の影響で飛んでしまった、お客様の所へ現場調査に行かせて頂きました。

金属屋根

八尾市金属屋根の修繕依頼です。以前から住宅設備の事でお付き合いのある2階建て住宅です。台風21号の影響で2階の屋根の一部がめくれ上がりました。この屋根はカバー工法で屋根の上に屋根を作っている屋根でした。15年以上前に親戚の方が施工してくれた...........

20171023_171023_0052

台風が通過後ブリキが垂れ下がった状態でご相談に来られました。普段住んでいないお家なので、ご近所の方からの連絡で気づいたそうです。住宅の作りとしては不自然なブリキの壁なので、2軒くっついていた建物を切り離してトタンの壁を作り、瓦の屋根のケラバ...........