東大阪市の戸建て住宅で2階の和室の押入れ天井にシミ


雨漏れ
東大阪市の2階建て住宅で、元々右隣とくっついていた連棟の建物を数年前に買って住んでいます。昔も今も連棟の造りの家を建て替えたりすると、戦えた側が残った側の家の壁を復旧します。今回のケースでは右の家が左側のお家の内壁と柱を残して解体。壁にトタンを貼って右の家を建てた感じです。こちらの家の屋根部分で水切り金物を付けて、家と家との間に雨が入らない様にしていました。押入れは右の家寄りにあるので、まずは屋根に上がって調査しました。
大屋根瓦
屋根の上に上がってきました。雨漏れの場合まず瓦が割れていないか?ずれていないか?劣化していないか?を見ていきます。イメージでは経年劣化だったのですが、比較的きれいな瓦の状態でした。ここ数年で吹き替えている感じに見えます。特に問題はなさそうです。
水切り
こちらはお隣とくっついている部分です。少し隙間が気になりますが、しっかり瓦に被さる様に施工されていました。最近は特に瓦の下に敷く防水シートが良くなっているので、少し雨が瓦の下に入ったぐらいでは雨漏れしません。
押入れ天井
気になる押入れの天井なんですが、確かにシミがありました。台風以降強い雨が降っていたのですが、シミが広がっている様には見えません。
屋根裏
板をめくって屋根裏を確認。前日の雨で濡れている所も無く、天井に水が溜まっている所もありませんでした。
今回はこのまま様子を見ていただき、シミが広がるようであれば再調査させて頂くという事になりました。
もしかしたらですが、屋根葺き替え以前のシミがそのまま残っていたりする事もあります。想像もつかないような強風雨が吹き付ける事もあります。点検は無料でお伺いしますので、気になる所がある方は八尾店までご連絡下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れでクロスめくれ

八尾市にお住いのお客様のトイレのクロスが雨漏りが原因でめくれてしまいました。少しの雨だと雨漏りしないそうですが、多く降った日が雨がポタポタ落ちてくるそうです。

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

2階建て

八尾市で2階建て木造住宅のモルタルが落下しました。空き家の状態で何年も放置されていますが、近隣の方の連絡でモルタルが落下している事に気づきご連絡頂きました。人通りは少ない場所ですが、抜け道として通られる方がいます。万が一知らない間に落下物で...........