八尾市でまだまだ台風の被害で棟板金が飛んでしまったお宅に現場調査に伺いました


19da43a7eeeebf8d1248fb8d498cc425-columns1-overlay
今回お邪魔させて頂きましたお宅は、サイディングの壁にカラーベストの屋根のお宅です。お気の毒なことに、昨年の台風21号の風災にあわれ、屋根の棟板金が飛んでしまいました。
34d2035fbf4447e1bbc93b7f75b7139f-columns2-overlay
こちらが、飛んでしまった棟板金の部分をブルーシートひいた上に土嚢を重しにした、応急処置の部分です。
1419be5fce0880044bb54b9788028754-columns2-overlay
こちらは、スレート屋根、カラーベストを葺いている部分ノアップです。かなり、色落ちがし、塗膜はもう無い状態です。このような状態のままですと、劣化が進み、雨、晴れのお天気の繰り返しで、カラーベストが割れてしまいます。
カラーベストが割れてしまうと、雨漏れの原因となります。
82d55ed3c62375f6caa8e53df805bc49-columns2-overlay
こちらは、破風板の状態を画像に収めました。破風板とその下の部分、軒天が離れています。こちらは、雨が吹き降りになると、雨水侵入の原因となり、いずれ、軒天を腐らすこととなります。
f435fd07968b79864acda941ff015dd6-columns2-overlay
そのまま外壁の調査に入りました。外壁の仕上げ材はサイディングです。このサイディングのジョイント部分につかわれているシール材が経年劣化で痩せています。この隙間から雨水が入る心配があります。
ba4e3a6f20f82c3a0becef3787f6f590-columns2-overlay
次にバルコニーの土間を見せて頂きました。橋の方に苔が見受けられます。排水の目皿近辺に水がたまる事が多いのが原因で苔が生えてしまうということは、普段の水がはじくことなく、水の流れの勾配が悪いのだと思います。この場合、バルコニーの土間に防水工事をすると安心です。
c884ac6459dceec7b35fb0363f5f6545-columns2-overlay
御自宅後方からの画像です。
棟板金の補修のご依頼で伺い、調査をさせて頂きましたが、これを機に、カラーベストの塗装か葺き替えをご提案しようと思います。また、工事をする際、足場を組むのであれば、一緒に軒天の取替、シール工事、外壁塗装工事も一緒に施工させて頂くと、再び足場組立の費用がかからず、お家も生まれ変わり、この先、安心して暮らして頂けると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風

八尾市の3F建ての戸建ての屋根の破風が台風21号の被害ではがれています。はがれた破風は飛んで行ってしまったそうです。地面からは見えにくかった破風部分がドローン撮影により被害箇所により近づいた写真が撮れました。

D3A85096-73DC-4AEC-A9D7-690F933E5B59

皆さまおはようございます。今回のご依頼はスレート屋根の破風(ハフ)が台風の影響で飛んでしまった、お客様の所へ現場調査に行かせて頂きました。

平野区の破風板修理・工事部分

平野区で台風の被害で破風の板金がめくれてしまいました。破風の修理依頼を受けたのでまずは現状の確認にお伺いしました。現場の説目に入る前に、もそも「破風」とはなんだ?という部分からお話をしたいと思います。「破風(はふ)」とは屋根を構成するパーツ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436