八尾市で屋根の破風がはがれたのでドローンで現場撮影しました。


破風
八尾市の3F建ての戸建ての屋根の破風が台風21号の被害ではがれています。はがれた破風は飛んで行ってしまったそうです。地面からは見えにくかった破風部分がドローン撮影により被害箇所により近づいた写真が撮れました。
どローン
お客様はご自宅の屋根が築20年経つがメンテナンスは一度もしていないので、屋根の塗装が劣化しているのではないかと心配されています。屋根の状態を確認するために、ドローンを使って撮影してみました。今まで見たことのなかった自宅の屋根の状態をお客様と一緒に見ることができました。
屋根拡大
屋根の材質はスレート屋根ですが、築20年なのでやはり劣化してきています。そろそろメンテナンスしておかないと、表面の塗装の効果がなくなっているので、雨水を吸い込んでしまいます。このままだと夏と冬の温度差で屋根材が割れてしまう原因になります。
屋根割れ
撮影した写真を拡大してみると、屋根材が割れている箇所が何箇所か確認されました。このままでは雨水が浸入してしまう原因になるので、塗装のメンテナンスが必要です。屋根を塗装する時は足場を建てる必要があるので、外壁塗装とタイミングを合わせることをおすすめします。
このような屋根・外壁などでお困りの時は街の屋根屋さん八尾店までお気軽にお問合せ下さい。お見積り・現場調査は無料です。

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で屋根修繕工事。棟瓦取り直し工事。

瓦の落下
棟瓦修繕
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
45年
建坪
18坪
保証
1年
工事費用
約25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

19da43a7eeeebf8d1248fb8d498cc425

今回お邪魔させて頂きましたお宅は、サイディングの壁にカラーベストの屋根のお宅です。お気の毒なことに、昨年の台風21号の風災にあわれ、屋根の棟板金が飛んでしまいました。

D3A85096-73DC-4AEC-A9D7-690F933E5B59

皆さまおはようございます。今回のご依頼はスレート屋根の破風(ハフ)が台風の影響で飛んでしまった、お客様の所へ現場調査に行かせて頂きました。

平野区の破風板修理・工事部分

そもそも「破風」とはなんだ?という部分からお話を。「破風(はふ)」とは屋根を構成するパーツのひとつで、建築用語として用いられます。「風を破る板」という名の通り屋根裏や屋根瓦へ風の侵入を防ぐ役割を担っています。同じく雨風を凌ぐ役割を持つ屋根は...........