八尾市で屋根瓦が前面道路に落下。修繕の相談、現場調査。


瓦屋根落下
八尾市で瓦が落下して危険なので見て欲しいというご相談です。築年数だけで見るとかなり古いお家に見えます。下から見ても全体的に瓦がズレています。お話を聞いている上では近隣のお家に瓦が落ちて迷惑を掛けないかが心配でした。
屋根瓦の落下
まずは落下した部分です。大屋根の端の瓦が落ちました。ただ単に強風によって瓦が落下したというよりは、下地の野地板が腐食して崩れ落ちたように見えます。棟の瓦も削られていますが、こちら側に落ちていないので、反対側に倒れたと思われます。
下屋に瓦が落下
大屋根の瓦は下屋に落下。下のかわらも割れてしまいました。また落下した瓦が飛び散って前面道路に散乱していました。幸いにも通行にする方には当たらなかったようです。
北面瓦屋根
棟の瓦は南から吹く台風によって北側に押し倒されていました。こちらも下屋に落下していましたが、隣との隙間が大きく、お隣に被害は出ませんでした。
大屋根
全体的に見させていただきましたが、取り壊しや売却等の可能性もある事から、あまり費用はかけたくないそうで、とりあえず応急処置でもいいから瓦が落下して近隣や通行の方に迷惑を掛けたくないそうです。敷地内に落下する分や多少の雨漏りは気にしないそうです。
状況的に端の部分は下地の木材が腐食して落下している事から、多少なりとも一部積み替えが必要になります。棟の部分や割れている部分は瓦の差し替えになります。予算的にも全面葺き替えを考えてない事から、職人と相談しながら予算に見合った提案を出来ればと思います。

台風21号案件や先日の強風でお困りの方は、八尾店までご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........