八尾市で昨年の台風で被害を受けられた屋根の棟瓦を積み替えました


20190528_190528_0004-columns1-overlay
台風案件がまだまだ続きます。お待たせしておりますが、ようやく、施工させていただきました。八尾市にお住いの方で、瓦屋根の棟の部分が崩れてしまいました。年数もたっており、全て葺き替えも考えられましたが、今回は補修工事として一度撤去し、漆喰で固めて棟瓦を積み直しました。
20190118_190118_0017-2-columns2-overlay
こちらは、崩れて落ちてしまった棟瓦の部分です。
このままにしておくと、土の部分がむき出しで、雨が降ると雨水がしみ込んでしまいます。鬼瓦の方も、漆喰がはがれていて、落ちてしまうのも時間の問題といったところでした。
742-columns2-overlay
落ちてしまった棟瓦のみを戻すのではなく、棟瓦、鬼瓦、のし瓦の部分をすべて撤去しました。
土が見えてきた状態で、積み替えの段取りを致します。
744-1-columns2-overlay
瓦を撤去した後に、以前の漆喰が無くなっていたので、土が隠れるくらいに漆喰をのせました。
これで安心です。のし瓦を3段積んで、棟瓦、鬼瓦を積んでいきます。
747-4-columns2-overlay
こちらが積みなおし工事の完成画像です。
しっかり積みなおしたので、安心です。
次の台風が来ても、もう怖くはありません。
749-columns2-overlay
こちらは、大屋根の下の方で、瓦が割れて、ずれていたので、一緒に施工させていただきました。
750-columns2-overlay
こちらが完成画像。
もう落ちる心配はありません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........