オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

羽曳野市で台風で飛んで行った瓦屋根の修理をしました。


羽曳野市にお住いのお客様から瓦が飛んだので修理してほしいとお問い合わせをいただきました。
今日はその飛んだ瓦部分の修理についての記事です(*^-^*)

屋根瓦が飛んで行ってしまっていた記事は、前の羽曳野市で先日の台風で袖瓦が飛んで行ったお宅の現地調査のブログを参考にしてください。では、早速補修した箇所を見ていきましょう!
袖瓦施工後の写真
まず袖瓦の修理を行いました。
袖瓦は屋根の端にあるL字型に似た瓦の事です。
飛んでしまった部分に新しい袖瓦を乗せていきました。
あると無いとでは見栄えも大きく違いますね。
飛んで行かないように釘で打ち付けています
瓦の下には土が施工されています。
以前と同じ土の上に乗せるだけだと、ずれやすくなります。
なので瓦の下にある土も新しいものにしています。
この土が接着剤の役割があり、瓦を固定してくれます。
端にある瓦はそれだけでは不十分なので瓦がずれないよう側面から釘を打ち付けて固定していきました。これで強風対策もばっちりです。
棟瓦の割れた部分も補修しました
割れていた棟瓦と瓦の部分は新しい瓦に差し替えしました。
色が濃く新しいので、一目瞭然ですね!
屋根の工事とイメージすると、全部葺き替えないといけないと考える方が多いですが、瓦の一部分だけを新しい瓦に交換するといった部分修理をすることも可能です。コストも補修のスピードも全然違うので、雨漏れで悩んでおられる方はお気軽にご相談ください。
袖瓦を上から見た図
これで、屋根の補修工事はおしまいです!とっても綺麗になって、雨漏れの心配もなくなりました!毎年来る台風に備えるのは、とても大切なことです。しかし、屋根が気になるからと屋根の上に登るのはとても危険ですので、私たち屋根のプロに頼んでくださいね!
この工事の施工例は、羽曳野で台風18号の被害を受けた屋根瓦の補修工事を参照してくださいね!
古くなってくると、袖瓦を固定している釘が抜けていることがよくあります。
釘が吹けると強風で瓦が飛んでしまうことがあります。
瓦が飛んでしまうと、瓦代と施工費がかかるので瓦が飛ぶ前に釘の打ち直しを行うと瓦代がかからないので工事代金がお安くなります。
病気とは違いますが、屋根・外壁の工事も早期発見・早期修理が修理コストを下げるコツでもあります。

屋根・外壁の事でお悩みの方は街の屋根やさん八尾店にお任せください!!
お見積り・現場調査は無料で行っております(*^-^*)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で増築部分のつなぎ目から雨漏りしたので板金を瓦にかぶせた

瓦の向き
板金工事
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
なし
工事費用
92,400円
施工事例

八尾市で下屋の割れた瓦の交換と漆喰の塗り替え工事をしました。

漆喰の劣化
漆喰塗り替え
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
漆喰
築年数
約40年
建坪
約40坪
保証
なし
工事費用
57,200円
施工事例

八尾市でベランダの波板に穴が空いたので葺き替えをしました。

波板に穴が空いた
波板施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
ポリカナミイタ
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
134.000円

同じ地域の施工事例

施工事例

羽曳野で台風18号の被害を受けた屋根瓦の補修工事

屋根瓦が落下しています
袖瓦施工後の写真
工事内容
屋根補修工事
使用素材
S形瓦
築年数
約60年
建坪
保証
工事費用
約¥40000-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工場_室内_雨漏り_現況

八尾市の工場から雨漏りがするとのお問い合わせがあり、早速、点検にお伺いしました。まず、室内から雨漏りの箇所や程度を確認いたします。

波板が飛んだ

八尾市で波板被害。2020年9月の台風14号によってカーポートの波板が割れ、一部どこかに飛んで行きました。近隣のお家のどこかに飛んで行って、迷惑を掛けていないか心配になってご連絡をいただきました。

bcd6142f20943256e17bba874e53d393

八尾市で台風によって棟の板金が飛ばされました。こちらのお家はカラーベストと呼ばれるセメント系の薄い瓦屋根を使っています。下から重ねる様に施工して、一番高い棟の部分は板金の板で被せる様に施工します。棟の板金が飛ばされるとそこから雨が侵入する可...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436