オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

羽曳野で台風18号の被害を受けた屋根瓦の補修工事


工事のきっかけ

台風18号の影響で瓦が飛ばされたため、補修して欲しい

羽曳野市 屋根補修工事

ビフォーアフター

before
屋根瓦が落下しています
horizontal
after
袖瓦施工後の写真

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事
施工期間
1日
使用材料
S形瓦
施工内容その他
築年数
約60年
保証年数
工事費用
約¥40000-
建坪
ハウスメーカー

現場調査

非常に大型の台風18号が通り過ぎた後に、「台風の影響で瓦が飛ばされたから見に来て欲しい」とご連絡を頂き、羽曳野市まで現場調査に行って参りました。
屋根瓦が落下しています
行ってみると、確かに瓦が飛ばされていました!なんと、合計7枚の袖瓦が大屋根から飛ばされてしまい、下屋にぶっつかったり庭に落ちたりしていました。どれほど強い風が吹いたかがよくわかりますね。
割れている瓦二カ所目
瓦自体が少し重たく、大屋根から下屋まで2mほどの高さがありましたので、落ちた衝撃で棟瓦が割れてしまっていました。
落下した袖瓦が当たって割れた部分
他の棟瓦の部分にも落下の衝撃で割れてしまった部分がありました。
瓦に穴が開いています
この画像を含めて、計4カ所に割れが確認できました。瓦の下に敷き詰めてある土がむき出しになってしまっていたので、すぐに補修した方がいいとご提案させて頂きました。
雨や風で土が流れてしまうと、他の屋根の部分まで耐久性が落ちてしまい、雨漏れの危険性が上がってしまうからです。

施工中

瓦差し替えの作業風景
瓦を差し替える際の工事風景です。割れた部分だけを差し替える為に周りの瓦も一時的に撤去しています。写真でもわかる通り、瓦の下には沢山土が敷き詰めてありますね。昔はこのような施工方法であったため、屋根の総重量はとても重たくなってしまっています。このような屋根からの葺き直しをお考えの際は、軽量の屋根瓦にするなど、耐震性に優れたものも検討すると、よりお家が上部になりますよ!

施工後

棟瓦の割れた部分も補修しました
割れていた棟瓦の部分と瓦一枚を差し替えました。現状の瓦が焼けてしまい劣化していることから、現状と全く同じ色の瓦を施工するのは難しいですが、似たような色の瓦で施工させて頂きます。
袖瓦を上から見た図
肝心な袖瓦もこの通りとてもきれいになりました!
袖瓦施工後の写真
下から見てもとても綺麗に仕上がっていますね!
飛んで行かないように釘で打ち付けています
次の台風が来ても大丈夫なように、補修した部分は釘で打ち付けるという補強までしておきました。このように釘で打ち付けるだけでも強度が上がるので、飛んでいく前にこのように補強して備えておくことも大切ですね。
屋根の現状はあまりわからないものです。また、気になってしまって屋根に登るのはとても危険なので少しでも気になった場合は私たち屋根のプロにお任せくださいね!

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で雨漏り補修工事をしました 

20170628_170628_0005-1
20180301-2_180301_0018
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変性シリコン
築年数
10年以上
建坪
保証
部分修理のためなし
工事費用
67万(外装・内装工事)
施工事例

八尾市で安心して屋根工事を任せるとこが出来ましたと嬉しい声

ベランダの波板
波板施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
ポリカナミイタ
築年数
25年前後
建坪
15前後
保証
1年
工事費用
77000円
施工事例

八尾市で屋根補修工事をおこないました

八尾市漆喰剥がれ
八尾市漆喰工事
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
約30年
建坪
約20坪
保証
なし
工事費用
1万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦が飛んでいる部分

こんにちは。街の屋根やさん八尾店です。今回は東大阪市で昨年9月の台風21号被害を受けた施主様邸の屋根を修繕して参りました。瓦が20~30枚ほど風で飛んでいき、割れている箇所がたくさんあるとの事でした。それでは写真を交えて工程を見ていきましょ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436