八尾市で台風被害無料点検。ベランダテラス落下・防水工事。


波板の割れ
八尾市で無料点検実施。まずは南東のベランダです。劣化して茶色く変色しています。日差しによって焼けるとこんな感じになるのはよく見かける光景です。波板の経年劣化は気温によって暖められて柔らかくなり、冷やされて固くなるのをくり返して反ってきたり割れやすくなります。今の波板は耐候性・耐熱性に強くなってきました。あまりそういう心配が減ってきたように思います。波板の長さは今も尺寸で売っています。1尺約30CMなので1m20cmであれば4尺の波板を使用します。
テラス
北面のテラス屋根です。しっかり壁に取り付けられた、柱の無いタイプの屋根がついていました。問題なさそうに思いますが、実際は違いました。
ポリカが外れた
屋根材のポリカーボネート板が外れていました。下から強風に煽られた様にも思いますがもっと深刻な状態でした。
脚立で支えている
脚立が不自然に立っていますが、実は竿掛けを支えていました。そうしないと前に倒れてくるみたいです。壁際で留めている支えが外れ、柱が無い事によって前屈みに倒れてきます。ご自身では撤去する事も出来ず、固定する事も出来ずに困っていました。先程の屋根材の外れは、フレームの歪みによるものでした。
防水劣化
もう一つ気になったのがベランダの防水です。台風以降防水工事をよくするのですが、グレーの防水トップがめくれてモルタルの下地が見えます。セメントを使った土間や壁は水を少しは弾きますが、セメント系の材料は水が染みこんでいきます。集中的に雨がかかるとあまり良くありません。その為外壁塗装や防水工事で塗膜を作る事が大事になってきます。
ベランダだけでも生活に影響を及ぼす要素がたくさんあります。早めの対応が費用を押さえ、家を長持ちさせてくれます。
まだまだ台風の修繕が終わっていない中、梅雨がきて次の台風が来ます。
出来る限り対応出来る様に進めていきたいと思いますので、お気軽にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で屋根修繕工事。棟瓦取り直し工事。

瓦の落下
棟瓦修繕
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
45年
建坪
18坪
保証
1年
工事費用
約25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........