八尾市で瓦がずれているとご依頼があり、現地調査に伺いました。


八尾市で瓦がずれているので見て欲しいとご依頼があり、現地を確認しに行きました。
八尾市本町の瓦ずれ現地調査
「下から見ると瓦がずれているように見える」というご依頼を頂きました。
実際、現地にお伺いし屋根を見てみると、瓦がずれている部分がありました。
瓦ずれ屋根からの写真
屋根に登らせていただいたところ、
瓦の端の部分の列がずれていました。
瓦がずれて中の土が見えていました。
5枚ほど崩れていました。
瓦ずれと棟瓦ずれの写真
別の箇所でも瓦がずれている部分がありました。
瓦がずれていて中の土やもしくは
防水シートなどが見えている場合は、
瓦のずれを直すだけでは不十分な場合もあります。

棟瓦が崩れている様子
棟瓦も崩れていました。
棟瓦とは屋根の頂上部分の瓦のことです。
左右の屋根の結合部分なので雨の影響を受けやすい部分です。
棟瓦は雨を受け流して雨が侵入するのを防ぐ役目があります。
棟瓦の応急処置
今回、棟瓦の応急処置をさせていただきました。
あくまで応急処置の為、防水シートを張り、
養生テープで隙間をなくす簡易的な方法ですが、
土が見えている状態よりは雨の侵入を防ぐことができます。
漆喰全体が見える写真
屋根の漆喰部分の様子です。
写真右側の漆喰がなくなっているのが確認できます。
漆喰は屋根の凸凹の隙間を埋める役割があります。
隙間を埋めることで、雨の侵入を防止できます。
漆喰が崩れている写真
漆喰は劣化などが原因でひびが入ったり、
剥がれてしまったりすることがあります。
今回は漆喰が剥がれている部分があるので
こちらも併せてお見積りさせていただきます。
屋根全体の様子
今回お客さまから「下から見ると屋根瓦がずれている」というご依頼でお伺いしましたが、
実際屋根に登ってみると、棟瓦が崩れていたり、漆喰が剥がれていたりと
屋根瓦のずれ以外の屋根の不良部分が確認できました。

お客さまは今回の屋根は最低限の補修で考えておられるようです。
ご要望に沿ったお見積りを作成させていただきます。
お見積りは本日撮影した写真と合わせてメールで送らせていただくよう
お約束いたしました(^^)


屋根に関するご相談は『街の屋根やさん 八尾店』まで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で屋根修繕工事。棟瓦取り直し工事。

瓦の落下
棟瓦修繕
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
45年
建坪
18坪
保証
1年
工事費用
約25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........