八尾市の2階建て住宅。軒樋が外れたので梯子をかけて取替。


軒樋が外れた
八尾市の2階建て住宅の軒樋です。右側の樋が外れて落ちていました。台風の時は落ちてこなかったのですが、先日の強風でついに飛ばされました。いつ台風の様な風が吹くとも限らないので、定期的に屋根や樋の点検をしましょう。今回は比較的軒先が短く、壁に梯子を掛けても作業出来そうなので、梯子を架け替え乍ら作業させて頂きました。
集水器
軒樋が外れてなくなっていたので、新しい樋をジョウゴと呼ばれる集水器にはめ込んでから、割れて外れた軒樋と接続します。受け金具で調整してここに雨が流れるように勾配を付けています。
ソケット
ソケットで残った樋と接続。接着剤を使用して水漏れしない様にしっかりくっつけます。心配な時はシリコンを付けたりします。
結束線で固定
受け金具には結束線や針金を使ってくくり付けます。針金が錆びて切れたのも、飛んで行った要因の一つです。今回は針金が切れて宙ぶらりんになった樋が、風に何回も揺らされてソケット部分で割れていました。この部分の固定はかなり大事な部分で、古いお家はよく切れている事があります。
樋取替
軒樋取替完了。雨が降った時瓦を伝った雨は右端のジョウゴに集められ竪樋を通って側溝や会所に流れていきます。これが無いと、屋根に降った雨が一斉に滝の様に屋根幅分流れ落ちてきます。またしっかり屋根の下で受けれる位置に設置していないと同じ様に飛び越えてしまいます。
雨樋は必ず屋根の先端についているので、取付には十分注意が必要です。あまり建物に対して雨漏れ被害などない部分ですが、雨が降った時にどこに流れるのか?どこに落ちていくのか?など重要な役割を持っています。もし割れている所や外れている所がありましたら、八尾店の無料点検をおススメします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

大東市で3会建ての屋根工事をしました

寄棟がくずれた
寄棟工事
工事内容
屋根補修工事
3階建て
使用素材
ポリカ波板、瓦、漆喰
築年数
約40年
建坪
21坪程度
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で農機具小屋のスレート屋根修繕工事

スレート屋根
スレート修繕後
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
スレート小波
築年数
25年
建坪
90坪
保証
1年
工事費用
9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万
施工事例

八尾市で屋根修繕工事。棟瓦取り直し工事。

瓦の落下
棟瓦修繕
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦
築年数
45年
建坪
18坪
保証
1年
工事費用
約25万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板がぼろぼろ

八尾市にお住いのお客様の波板工事をしました。去年の台風21号の被害で波板が数枚飛ばされていました。もともと劣化も激しく、黄色く変色しています。今回は全面波板を新しくすることになりました。

屋根の端の瓦が落ちた

八尾市にお住まいのお客様から瓦屋根で屋根の端の瓦が落下したので修理して欲しいです。とお問い合わせをいただきました。現場につき屋根に登り状況を見てきました!

棟のワイヤーが切れた

八尾市にお住いのお客様の棟の瓦を固定しているワイヤーが切れていたので棟の積みなおしをしました。ワイヤーはほとんど切れていて、瓦が何も固定されず乗っかっているだけの状態でした。写真を見ると手前の瓦はワイヤーが付いていますが、奥のほうはすべて切...........