八尾市 屋根の先にある丸い瓦が落ちそうになっている


八尾市にお住いのお客様から、
「屋根の先にある丸い瓦が落ちそうになっているので直してほしい」
とお問い合わせを頂きました。
屋根の先にある丸い瓦は「鬼瓦という名前の瓦です。厄除けの意味をもつ瓦になります。
八尾市 丸い瓦 倒れた
屋根の上にある丸い瓦はこの瓦の事です。
この倒れてしまった鬼瓦は、瓦の下にある木と銅線で繋がれているので銅線が劣化して切れない限り簡単には下に落ちません。

ただし、銅線からしっかり修理しようと思うと、手前にある瓦に山(棟)の先を崩して、瓦の下にある木に銅線を繋ぎ直さないといけません。

八尾市 瓦の周りの白いやつが取れた
お客様が心配されていた鬼瓦を見るための屋根の上ったので、ついでに屋根全体を見させていただきました。

倒れていた鬼瓦とは違う箇所の鬼瓦の漆喰が半分欠けていました。
漆喰(しっくい)とは屋根のてっぺんに積んである瓦(棟)の下や鬼瓦の周辺にある白い材料の事です。
八尾市 屋根 こけ
棟の下にある漆喰を見てみると、漆喰と瓦の間にコケが生えていました。
コケは雨水を吸収し、水はけを悪くします。
その影響で漆喰の劣化を早め、漆喰が水を含み続けると漆喰の奥にある土や木が水分を含んでしまい雨漏れの原因につながります。
八尾市 屋根の白いのがめくれている
他には漆喰がめくれている部分もありました。
こちらも雨漏れの原因になります。

家の周りに白い石のようなものが落ちていたらそれは漆喰の可能性が高いです。
漆喰が取れたからすぐに雨漏れするわけではないですが、お早目の修理をおすすめを致します。
今回は台風21号の被害で鬼瓦が倒れていました。
お客様は火災保険を利用し修理をしていきます。
火災保険で必要なお見積り、被害状況等の写真は弊社でご用意いたします!!


屋根工事・外壁工事の事なら街の屋根やさん八尾店にお任せください!
台風被害での火災保険をご利用になられる方もご安心ください!
お見積り・現場調査は無料でさせて頂いております!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市で波板工事をしました

波板
波板工事完了
工事内容
屋根補修工事
火災保険
使用素材
ポリカ波板
築年数
約40年
建坪
約40坪
保証
なし
工事費用
約6万円
施工事例

八尾市で台風被害の修理

棟瓦崩れ
棟瓦修復後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨樋交換
足場
火災保険
使用素材
瓦・樋・ポリカ波板
築年数
40年前後
建坪
約23坪
保証
なし
工事費用
約40万円
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で台風被害の修理

棟瓦崩れ
棟瓦修復後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨樋交換
足場
火災保険
使用素材
瓦・樋・ポリカ波板
築年数
40年前後
建坪
約23坪
保証
なし
工事費用
約40万円
施工事例

八尾市で外壁が汚いのできれいにしてほしい

外壁の補修前
シリコン補修
工事内容
部分塗装
使用素材
変性シリコン
築年数
45年前後
建坪
24坪程度
保証
なし
工事費用
3.5万
施工事例

八尾市で棟瓦の針金が切れたので積みなおし

棟のワイヤーが切れた
漆喰を整えた
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ポリカ波板
築年数
30年
建坪
23坪
保証
なし
工事費用
30万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板

八尾市にお住いのお客様の波板のフックが取れ、波板が浮いている状態でした。ベランダに施工されている波板で、真ん中のほうが浮いていたので屋根に上り波板の上にのりフックをつけなおしました。屋根に上った時に瓦が破損していたことが分かったのでおか客様...........

波板

八尾市にお住いのお客様から波板をとめているものが落ちて、波板も飛んでいきそうなので修理してほしいとお問い合わせをいただきました。現場を見に行くと波板を固定しているフックが飛んでいる状態でした。波板自体の劣化は激しくなかったので今回は張替えで...........

スマイルプラザ

おはようございます。街の屋根やさん八尾店です。大変申し訳ございませんが、社員の安全を考慮して本日10月12日は臨時休業とさせて頂きます。2018年に続き非常に強い風を伴った台風19号が来ています。八尾市でも朝から暴風警報が出るなど注意が必要...........