オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

八尾市で台風被害でずれた瓦を火災保険を使って修理をしました


工事のきっかけ

台風で瓦がずれてしまいました。雨漏れはしていないもののずっと気になっていました。火災保険会社の人から保険補償内であることを知り、街の屋根やさん 八尾店に依頼しました。

八尾市 屋根補修工事,火災保険

ビフォーアフター

before
漆喰が崩れている
horizontal
after
S__9732109-1-after

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,火災保険
施工期間
7日間
使用材料
釉薬瓦、屋根漆喰、ポリカ波板
施工内容その他
築年数
35年
保証年数
1年
工事費用
約120万円
建坪
約25坪
ハウスメーカー
八尾市にお住まいのお客さまより、台風の被害でずれてしまった瓦を修理して欲しいとご連絡がありました。
火災保険会社の方がお客様のお家に来られ、台風被害が保険適用であることを知り、弊社にご連絡を下さいました。

ずれている瓦を下から見た様子
お問い合わせ後、お伺いした際に撮影した写真です。
黄色丸部分がずれた瓦部分です。
わずかですが瓦がずれているのが確認できます。
瓦がずれている部分
実際に屋根に上がらせて頂くと、下から確認できた瓦ずれ部分とは別の部分も瓦がずれていました。
瓦割れ黄色丸
さらに瓦が割れてしまっているのも確認できました。(黄色丸部分です)
瓦がかけている部分
大きく瓦がかけてしまっているところも確認できました。
棟瓦を抑えるワイヤーが切れている
棟瓦(屋根のてっぺんの瓦)はワイヤーで固定されているのが一般的ですが、ワイヤーが切れていました。
棟瓦は固定されずに上に乗っているだけの状態です。

漆喰が崩れている
棟瓦の下にある漆喰部分ですが、漆喰も崩れており、屋根の両サイドに転がっています。
小石のようなものが崩れて転がっている漆喰です。
一部飛んだ波板
こちらは1階の波板部分ですが、奥の2枚色が違う部分はお客様がご自身で波板を張っておられました。
FRP波板
1階、2階に波板がありました。両方FRP波板という波板が使われています。これはプラスチックにガラス繊維を混ぜた波板の材質です。
割れたままになっている波板
2階の波板は割れた部分がそのままになっています。
FRP波板は、一般的に使われる頻度の高いポリカ波板に比べて強度は高くなりますが、年数がたつとバリバリとひび割れすることがあります。
軒下の雨漏れ跡
軒下には雨漏れの跡がありました。
ずれた瓦や割れたの隙間から雨水が侵入した可能性が高いです。

お伺いして実際に屋根を見させていただいたところ、瓦の割れや棟瓦、漆喰、波板、軒下の雨漏れ跡など、下から見て確認できた瓦のずれ以外に別の部分も台風被害が確認できました。
本来瓦のずれは瓦葺き替えをすることで雨漏れなどの心配もなくなりますが、今回は保険の補償内での修繕ということでしたので、保険が適用になる範囲内で工事をさせていただきました。
2階波板撤去した様子
工事1日目
2階の波板の撤去をしました。
1階波板撤去後の状態
工事1日目
1階の波板の撤去をしました。
足場組み後
工事2日目
足場組みをしました。
メッシュシートを張っている足場
工事2日目
組んだ足場にはメッシュシートを張ります。
近隣建物への塗料の飛散防止のためでもあります。
瓦撤去後の写真
工事3・4・5日目
ずれた瓦や割れた瓦を撤去し、新しい瓦に差し替えたり、補修しました。
瓦差し替え後
工事3・4・5日目
ずれていた瓦を差し替えました。
棟瓦撤去後の写真
工事3・4・5日目
棟瓦はすべて撤去し、積みなおします。
棟瓦積み直し後
工事3・4・5日目
棟瓦を積み直しました!
もちろんワイヤーでしっかり留めています。
一部が割れている瓦
工事3・4・5日目
一部が割れている瓦も→
割れていた瓦差し替え後
工事3・4・5日目
差し替えました。
軒先に雨漏りの跡
工事6日目
軒の雨漏り染み部分です。
軒塗装部分
工事6日目
部分塗装で補修しました。
足場も解体いたしました。
1階の波板を貼った写真
工事7日目
1階と2階の波板を張りました。
今回はポリカ波板を取り付けました。
2階の波板取付後
工事7日目
ポリカは衝撃強度も高く、耐久性もあり、透明性にも優れています。

今回、工事期間は7日間でした。
お客さまは、「台風被害で瓦がずれてしまったけれど、雨漏れもしていないし、火災保険が使えると思っていなかったので工事は考えていなかった。火災保険会社の人が来た時に保険が使えると知り、『街の屋根やさん 八尾店』に依頼しました」と仰っていました。

数あるリフォーム屋さんから『街の屋根やさん 八尾店』での工事を決めて下さったのは、
≪地元八尾市でたくさんの実績があるから≫
≪おうちが近所で安心できるから≫
と仰ってくださいました!


火災保険はご加入の保険内容にもよりますが、台風被害による損害は火災保険が下りるケースがあります。

また、室内に雨漏れはしていなくても、ずれた瓦の隙間から雨水が侵入し、のちに雨漏れに繋がってしまうケースもあります。
屋根も定期的にメンテナンスを行うのがおすすめです!

今回の工事のように屋根工事と同時に塗装工事や波板工事なども同時施工も可能です。

ぜひ『街の屋根やさん 八尾店』にご相談ください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で雨漏り補修工事をしました 

20170628_170628_0005-1
20180301-2_180301_0018
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変性シリコン
築年数
10年以上
建坪
保証
部分修理のためなし
工事費用
67万(外装・内装工事)
施工事例

八尾市で安心して屋根工事を任せるとこが出来ましたと嬉しい声

ベランダの波板
波板施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
ポリカナミイタ
築年数
25年前後
建坪
15前後
保証
1年
工事費用
77000円
施工事例

八尾市で屋根補修工事をおこないました

八尾市漆喰剥がれ
八尾市漆喰工事
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
約30年
建坪
約20坪
保証
なし
工事費用
1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁シール工事とベランダ防水工事をしました。

八尾市ベランダ
八尾市防水工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シール・防水塗料
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
104000円
施工事例

八尾市で中古住宅入居前の屋根外壁塗装工事をしました

塗装前
塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
クリーム色のペンキ
築年数
25年
建坪
約27坪
保証
5年
工事費用
150万
施工事例

八尾市で天窓の雨漏り改修工事と外壁塗装をしました

施工前
施工後
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
天窓工事
使用素材
EC-2000F(WHITE・MID) ESP-A液・B液
築年数
約年
建坪
保証
10年
工事費用
140万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦が飛んでいる部分

こんにちは。街の屋根やさん八尾店です。今回は東大阪市で昨年9月の台風21号被害を受けた施主様邸の屋根を修繕して参りました。瓦が20~30枚ほど風で飛んでいき、割れている箇所がたくさんあるとの事でした。それでは写真を交えて工程を見ていきましょ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436