オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

八尾市でタイル仕上げだった玄関庇を板金庇にリフォームしました。


工事のきっかけ

玄関庇のタイルが落ちてきて危ないとのご相談を受けたのがきっかけです。

八尾市 屋根補修工事,その他の工事 庇改修工事

ビフォーアフター

before
庇側面のタイルが落ちています
horizontal
after
庇仕上がり

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,その他の工事
施工期間
1週間
使用材料
屋根:板金/側面:サイディング
施工内容その他
庇改修工事
築年数
保証年数
工事費用
約70万円
建坪
ハウスメーカー

現場調査

「玄関の庇についていたタイルが落ちたからどうにかしてほしい」と、ご相談の電話を頂いたのがきっかけでした。すぐに見に来てほしいとのご要望でしたので、電話を頂いた1時間後に現場調査に行かせて頂きました。現場に着いて庇の現状をを見てみると…
庇側面のタイルが落ちています
どこが落ちているのか一目でわかりますね。側面の部分のタイルが丸ごと落ちていました。下地の木材も雨水のダメージで腐っている部分もあることが確認できました。
落下したタイルです
落ちてきたタイルの一部です。タイルを仕上げる際に使ったモルタルの下地部分まで落ちていました。落ちた原因としては、経年劣化によりタイルの目地が痛んでしまい、雨水がしみ込んでしまった事が考えられます。
庇の防水の現状
庇の上はこんな感じになっていました。勾配もしっかりとってありましたが、肝心の防水が切れてしまい、ひび割れや塗膜の膨れも見られました。防水が切れてしまうと下地にまで雨水が浸透してしまいます。木材が腐ってきた原因の一つと考えられました。

どんな提案をしたの?

今回は側面のタイルが落ちてきて危ないとのご相談だったので、再びタイルで仕上げるという提案はいたしませんでした。そこで、雨に強いサイディングで側面を仕上げる方向でご提案させて頂きました。また、庇上の防水が切れていたのが原因の一つでもあったので、防水をやり直すプランを一つ、いっそのこと屋根を作ってしまって防水が切れる心配を無くす板金仕上げプランの計2プランをご提案させて頂きました。今後のメンテナンスの事も考えられ、屋根を作る方向で進めさせて頂きました。

工事着工

庇裏下地
まずは解体工事からです。庇の天井部分のモルタルや腐っていた木材の部分を取り除きます。下地の部分は解体しないと見えてこない部分もあるので、現状を確認しながら解体していきます。下地部分は思ったより腐っていなかったので一安心でした。
下地を斜め横から見た画像
横から見るとこんな感じです。根本の部分がしっかりしていたので、腐っている部分を取り除き、新しい下地を打ち付けていきます。
大工さん作業中
土台の下地工事後は、屋根の下地工事です。勾配をしっかり測り、適切な角度で枠を組んでいきます。
屋根下地工事中
垂木の上にコンパネを打ち付けていきます。
ルーフィングという防水材
コンパネを打ち付けた後に、ルーフィングという防水シートを貼りつけて下地工事は完了です。下地の出来で仕上がりの出来も変わってくるので、とても重要な工事です。
板金工事の作業中
下地工事が終わると、大工さんから板金職人へバトンタッチです。ルーフィングだけでは万が一雨が降った場合、下地に雨が浸透してしまう可能性があるので、先に屋根を仕上げていきました。
防水シートを貼っています
屋根を仕上げたので、側面のサイディングを貼っていきたいのですがその前に!ウォーターガードという防水シートを貼り付けていきます。屋根の下とサイディングの下に防水シートを貼ることで、万が一サイディングの隙間に雨が入っても下地まで雨水が到達することはないので一安心です。
防水シート2
端部までしっかりと施工することで、雨漏れのリスクを回避しています。
サイディングを貼っていきます
防水シートの上からサイディングを貼っていきます。サイディングは基本的には長方形なので、上のような三角形の部分などが出てきた場合は、現地でしっかりと採寸しカット加工をしてぴったりサイズで貼り付けていきます。
板金工事が仕上がりました
全て貼り付けていくとこのように綺麗に仕上がります。しかし、このままだと雨が玄関に垂れ流し状態になってしまうので、雨樋をつけていきます。
雨樋のレベル調整中です
雨樋を取り付ける前にしっかりとレベル調整を行います。雨水が流れるように勾配をつけないといけないので、糸をはって調整していきます。
雨樋設置中
レベル調整後に、雨樋を設置していきます。今回は雨樋の内側で固定する金具を使ったので、外から見ても見栄えがとても良くなりました。
雨樋の完成です
これで全ての工事が完了です。お客様にも満足して頂けました。

【工事完了後】

完工写真
端部までしっかり施工します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八尾市で雨漏り補修工事をしました 

20170628_170628_0005-1
20180301-2_180301_0018
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変性シリコン
築年数
10年以上
建坪
保証
部分修理のためなし
工事費用
67万(外装・内装工事)
施工事例

八尾市で安心して屋根工事を任せるとこが出来ましたと嬉しい声

ベランダの波板
波板施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
ポリカナミイタ
築年数
25年前後
建坪
15前後
保証
1年
工事費用
77000円
施工事例

八尾市で屋根補修工事をおこないました

八尾市漆喰剥がれ
八尾市漆喰工事
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
約30年
建坪
約20坪
保証
なし
工事費用
1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八尾市で外壁シール工事とベランダ防水工事をしました。

八尾市ベランダ
八尾市防水工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シール・防水塗料
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
104000円
施工事例

八尾市で中古住宅入居前の屋根外壁塗装工事をしました

塗装前
塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
クリーム色のペンキ
築年数
25年
建坪
約27坪
保証
5年
工事費用
150万
施工事例

八尾市で天窓の雨漏り改修工事と外壁塗装をしました

施工前
施工後
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
天窓工事
使用素材
EC-2000F(WHITE・MID) ESP-A液・B液
築年数
約年
建坪
保証
10年
工事費用
140万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦が飛んでいる部分

こんにちは。街の屋根やさん八尾店です。今回は東大阪市で昨年9月の台風21号被害を受けた施主様邸の屋根を修繕して参りました。瓦が20~30枚ほど風で飛んでいき、割れている箇所がたくさんあるとの事でした。それでは写真を交えて工程を見ていきましょ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら八尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-928-436